2020ちばおもてなし隊とは?

「2020ちばおもてなし隊」は、オリンピック・パラリンピックイヤーに千葉を訪れる方々に、おもてなしや千葉の魅力発信を、高校生はじめ若い世代が部活動などの日頃の活動を活かし、ボランティア活動として行うものです。

 

 

おもてなし隊の活動形態は、実演・実技、コミュニケーション、様々な媒体を駆使した情報発信などがあります。

おもてなし隊の活動分野は次のとおりです。

 1 衣・食・住と遊び

 2 伝統文化・芸能

 3 音楽・音曲

 

このような活動形態と活動分野を組み合わせ、千葉を訪れる外国からのお客様へのおもてなしや、千葉の魅力発信を行います。

 

2020ちばおもてなし隊へは、学校単位、部活動単位、グループ単位などで参加し、おもてなし隊としてできる活動内容を登録します。

また、ちばおもてなし隊に活躍してほしい場の情報の収集・提供などを進めます。

 

これらを進めるため、ちばおもてなし隊の活動を支える事業共同体の設立を目指します。

 

おもてなし隊で重要なことは「継続性」と「絆づくり」です。高校を卒業したら「おもてなし隊」も卒業、というのではなく、仲間づくり・グループづくりを進めつつ、自らも運営を含めた様々な活動に参加するおもてなし隊とすることが目標です。

もう一つは、若い世代の活動を支える仕組み作りです。情報や活動機会の提供、スキルアップのサポートなどを様々な団体・企業・個人が力を出し合い行うことでおもてなし隊の目標を達成します。

 

この様な活動を支える仕組み作りを行うことで、2020年以降、おもてなし隊のノウハウはより確かに蓄積され、若年層のボランティア活動への参加促進に寄与します。